看護部のご紹介
>> トップページ >> 看護部のご紹介 >> 看護部 >> 外来診療科・中材・手術室

外来診療科

部署紹介

 外来診療科には、整形外科、内科、リハビリテーション科、泌尿器科があり毎日多くの患者さんが受診されています。整形外科では、上肢・下肢・脊椎など専門性を持った医師とともに看護を提供しています。外来手術にも対応し、患者さんの生活の中で安全に安心して治療が受けられるようサポートしています。内科では生活習慣病や膠原病など様々な内科疾患に対応し、また内視鏡検査や各種健康診断にも対応しています。
 地域の皆様に選ばれる病院を目指し、思いやりを持ち患者さんに寄り添いながら安心して治療・検査が受けられるよう看護しています。
外来の特徴

科長からのメッセージ

 スタッフ一同、患者さん・ご家族の方の気持ちに寄り添う看護を提供できるよう日々笑顔で対応しております。患者さん・ご家族の方との限られた短い時間での関わりではありますが、受診後安心された表情や、苦痛が和らいだ表情が見られることは、喜びであり励みとなり、スタッフ一同、日々やりがいを感じながら看護しております。

中材・手術室

部署紹介

 中材・手術室は、安全な医療材料の提供と整形外科における安全な手術を行っています。
 整形外科手術は年間約700件行っており、脊椎手術・骨折手術・人工関節手術・腱や靭帯手術と多岐にわたります。手術を受けられる患者さんも小児から老年まで幅広い年齢層です。私達は常に安全・安楽を第一優先に日々努めております。また手術は多くの患者さんにとって非日常的でまれな出来事です。その患者さんの不安や心配な気持ちに寄り添い、明るく笑顔でお迎えし、少しでも安心して手術を受けていただけるよう看護しています。
外来の特徴

科長からのメッセージ

 職員は患者さんの人生の一部に関わることを忘れず、看護を行うよう努めています。常に緊張感がある手術室ですが、患者さんが無事に手術を終えられ麻酔から目が覚めたときは、喜びややりがいを感じています。