看護部のご紹介
>> トップページ >> 看護部のご紹介 >> 看護部 >> 回復期病棟

1階病棟

部署紹介

 1階病棟は脳血管・整形疾患でリハビリテーションが必要な患者さんが入院されています。回復期リハビリテーション病棟は日常生活動作の向上・寝たきりの防止・家庭復帰を目標にしています。患者さん・ご家族の退院後の生活をイメージし、日中は着替え、普段着で過ごし、食事は食堂で召し上がっていただいています。退院後の生活を考えた病棟生活を送ることができるようお手伝いさせていただきます。
 患者さん・ご家族の希望に寄り添った支援を行えるように、様々なスタッフとカンファレンスを行っています。
1階病棟

科長からのメッセージ

 患者さん・ご家族の立場に立った思いやりのある看護・介護を提供し、その人らしい健康な生活を送ることができるように多職種連携を徹底しチームアプローチで退院支援を行っています。患者さん・ご家族が希望する生活が地域で継続できるように援助しています。

2階病棟

部署紹介

 2階病棟は、おもに脳血管疾患の患者さんが、リハビリテーションをメインとして、身体機能の回復を目指す「回復期リハビリテーション病棟」です。麻痺や言語の障がいされた患者さんへ、回復の支援をする医師・看護師・リハビリセラピスト・ソーシャルワーカー・介護福祉士らが協力・連携してチーム医療を実践しています。患者さんが退院後どのように生活していくか、患者さん・ご家族と一緒に考え、一緒にゴール(退院)を目指して、看護・介護を提供しています。 2階病棟

科長からのメッセージ

 その人が今まで歩んできた入院前の過程を大切に看護することを心がけています。
 スタッフそれぞれが、専門的な知識の習得にはげみ、院外の研修や学会にも積極的に参加をし、患者さんの回復に向けた質の高いリハビリテーション看護に取り組んでいます。